世界で一番「新潟の日本酒」に特化したサイトです。日本酒は新潟から始まり新潟で終わる。新潟の日本酒のデータベースを目指しています。

まずはこちらから!
おすすめセット

営業カレンダー
CALENDAR

2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       






友だち追加

有名ショップが納得する酒 越乃寒梅 無垢 純米大吟醸酒1.8L 石本酒造

商品名 : 有名ショップが納得する酒 越乃寒梅 無垢 純米大吟醸酒1.8L 石本酒造

製造元 : 石本酒造

原産地 : 新潟県

価格 : 5,000円(税込)

ショップポイント : 50

数量 :


米本来の旨みをしっかりと出している
純米大吟醸酒。
酸味を抑えた幅と厚みのある味わい、
とろりとした滑らかさと香りが特徴です。
◎酒質:純米大吟醸
◎精米歩合:48%
◎日本酒度:+4
◎アルコール度数:16度
◎製造元: 石本酒造(新潟市) 山屋潤 靴のリード

今日の勝利者


人類の歴史においては新しい商売形態、
EC(Eコマース)、ネット通販。
日本において、この形態で盛んに商売がなされるようになって20年たっていない。
その以前にもあったにはあったが、そもそもインターネット自体の普及がほとんどなかったのが実情。
しかし、この20年程度のインターネットの発達で、その使い道は無限の想像力を引き出し、ユーザーの使い方もインフラ自体も刻一刻と変化してきた。
まさに、昨日の常識がいとも簡単に覆り、昨日の敗者が今日の勝利者になる。
その逆も然り。

自動化、ロボット化の波


世は自動化、ロボット化が騒がれている。
人を介さない仕組み作りが企業の生きる道だと考えられている。
EC業界も例外ではない。
これまで、日本EC市場においては、商店街的ネットモール、楽天市場の独壇場だった。
今、Amazonという黒船が、世界最強の物流を引っさげて旋風を巻き起こしている。
世界基準のシンプルでユーザーを惑わさないネットショッピングが支持されシェアを広げている。
Amazonは、自動化ロボット化の象徴だ。楽天市場の商店街的な手作りのショップ感はない。
例えば、Amazonの商品画像に(基本的に)背景はない。人物も写らない。文字もない。商品だけだ。
(※実際には背景やモデルなどが映り込んでいる画像は存在するがAmazonはこれを禁止している。)
人を介さない哲学が見え隠れする。
山屋潤
そんな激動の環境下で成功し続けるネットショップはそう多くない。
数少ない成功店舗の一つが、代表、山屋潤が率いる「靴のリード」
大手ではない。元来は街の靴屋、従業員数20数名以下の小規模会社だ。
インターネットでモノを売るためには常にアップデートされるルールを知らないと立ち行かない。
最新の情報を得続け、それを自分のショップに反映させ続けることで山屋氏のネットショップは1999年よりEC事業を始めてからトップを走り続けている。
日本の大手靴販売店を凌ぐ販売力を誇っているのだ。
 

商売の王道で勝負


大手の自動化ロボット化に対抗するなら「ブランディング」だ、などと言われているが、山屋の手法はあくまで商売。
最良の商品を仕入れ、最適な値段と方法で売る。
シンプルだが一番難しい手法のはずである。
何故難しいか。それは巨大資本がそもそも王道の商売として既にやっているからだ。
下手をすれば同じ商品を巡って値段の叩き合いになり、消耗戦に突入する。
資金力に勝る大手優位なことは確かだが、山屋は、真っ向勝負の人なのだ。
山屋潤 靴のリード

オタクレベル


彼の特別は何処にあるのか。
それは、徹底的な調査。
知りたいと思う気持ちが半端ではない。
オタクレベルの欲求でインターネットや同業者、パートナーたちから寝る間を惜しんで情報を集める。
「検索」などという生易しいものではない。
圧倒的で徹底的。
有効情報を完璧に調べ上げる。
その情報を基に会社の方向性を決め、スタッフに店舗のあり方を具現化させている。

何故競合他社が売れているのか?
どのように検索ランキングを上げるのか?
そもそも、自社商品の適正な検索キーワードは何か?
潜在顧客はどこに隠れているのか?
これから仕入れるべき新商品は何か?
新たな販売チャンネルは何処にあるのか?
山屋の探求心は尽きない。
彼の永続的な成功は、リサーチ力が大手のそれを凌駕していることに他ならない。

そう、彼はEC職人。
 

桁外れの情報収集能力


誰よりも先に正確な情報を得ている。
一生懸命に頑張っている他社がようやく然るべき場所に辿りつたころ、山屋のは既にその先を行っている。
現状、彼と同じ手法で追いついた者はいない。
常に先を行く事前準備と行動。
アンテナの感度と実践が凄まじい。
山屋潤 靴のリード
面白い例がある。
業界外では聞きな慣れないかもしれないが、「越境EC」というのがある。
日本にいながら海外に販売するネット通販だ。
彼は、いち早く中国人などの外国人の購買意欲に気付き、この越境ECを始めた。
2016年の今、EC業界では躍起になってこれを始めている。
山屋は既にここにいない。
もう先を始めている。

やるよ、おれは、やりますよ


本人曰く、「それでもトライ&エラー」という。
挑戦するから失敗もあるが、誰よりも先に挑戦するから最後には成功する。その典型。
机上の空論はない。
まずは行動。
まずは挑戦。
四の五の言わない。
やるのみ。
実際、お酒が入ると、
「やるよ、おれは、やりますよ」が口癖。
山屋潤の真価本領がここにある気がする。
山屋潤

EC寺子屋?


もう一つ、山屋の特筆すべき点がある。
リーダーとしての気質。
彼は、迷えるネットショップ運営者の寺子屋なのだ。
ネットショップ運営は甘くない。
楽天市場とYahooショッピングだけでも40万店舗だ。
個人出品者やAmazon、その他を加えればその数はどうなるか。
その中で選ばれる店舗になるには確実にノウハウが要る。
しかし、そのノウハウ、誰も教えてくれない。
山屋は、苦戦を強いられている店舗を常勝させる名人でもある。
ネット通販サイト運営ノウハウの導入部分を徹底的に学ばせ、ジャンルごと、商品ごと、店舗ごとに違うやり方のヒントを示す。
そこに出し惜しみはない。
 

緻密なコンサルタントとしての顔


実際に教えた数店舗が、楽天のショップオブザイヤーに選出されるほどだ。
メディアに多く取り上げられ注目されるほどになった店舗もある。
1社たりとも落ちこぼれさせないECコンサルタントとしての顔。
今、そこで実践、成功しているだけに説得力がある。
まるで、マラソン競技ののペースメーカー。実力は、チーム随一。いつでも一番になる実力を持っている。しかし、決して自分が一番になることを目的としていない。彼が先を行き後続を引っ張る。
文字通りのリーダーだ。
山屋潤
漫画好きでアニメ好き。そして映画大好き。
中でも大好きなスターウォーズを語る様はもはや愛すら感じる。
よくもまぁ、これだけ仕事上の情報収集に余念がないのにエンターテインメントの最新情報にまで行き届くと感心する。

自分でかき集めたノウハウを周囲に還元。
抱え込まない器の大きさを見ることができる。
「やるよ、おれは、やりますよ」
儚い綺麗事を言わず、生きるための大事なことに焦点を当てている。
山屋の言葉に嘘はない。

ページトップへ